<< 9月 | main | 夜、おうちで何してますか? >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ミラン大改造論

つー訳でもはや、やるしかないだろ。
セリエAじゃ中位というより下位に甘んじ
チャンピオンズリーグでは、アウェイとは言え
こともあろうにセルティックに負ける始末。
昨夏と今夏、補強を怠ったツケがまわってきたね。
出来れば今冬、最悪でも来夏には動くべきだろう。

つー訳で、まずGK。
前々から思っていた事だが、いい加減
ヂダに代わる即戦力のキーパーを引っ張るべきだろう。
今夏、何が何でもユーベから
ブッフォンを採るべきだったね。
ダメならせめて、代表のアメリアとか。
いっそ、インテルで干されてる元代表のトルドの方が
よっぽどヂダよかマシかもしれんね。

次いでDF。
特にヤバいのがセンター。
昨夏スタムが去り、今夏ビリー(コスタクルタ)が引退。
ネスタは怪我がち。
マルディーニと言えども、今年既に39歳
(見た目はとても、そうは見えんが)
今期限りでの引退が確定(一期延ばした)。
本当ならこのセクションも昨夏の時点で
手をつけるべき点だった筈。
キヴをみすみすインテルに素通りさせたのは
フロントの大失態だったね。

今後の状況次第だが、チェルシーの
カルバーリョかパレルモのザッカルド辺り
今冬か来夏に本腰入れて採りに行くべきだろう。

MFは、カカの代役がこなせる選手がいない事を覗いては
そこまで急を要するポジションでは無い。
しかし、可能ならバルサからデコは引っ張りたかった。
私見だが、デコが加入すれば
カカ、セードルフ、ピルロをローテーションで
休ませる事も可能だったかも。
または、思い切った策を取りたい時に
敢えてガットゥーゾを外して
上記の3人+デコでイケイケの攻撃サッカーも展開出来たろうに。
ま、流石にこれはリスクも高いけどね。
で、FW。
昨夏シェバ(シェフチェンコ)が去った時点で
真っ先に手をつけるべきだった筈。
ジラルディーノの成長に期待したのと
昨冬のロナウドが当たったんで油断したんだろうが
元々ロナウドは、怪我の多い選手だし
当面ジラのブレイクは望めそうに無い。
理想は、チェルシーのドログバかバルサ
のエトー、若しくはインテルのズラタン。

このポジションは一番プレッシャーがキツいだけに
パッと出の若手じゃ苦しいかも。
最後に監督。
戦術が常に一本調子なアンチェロッティじゃ、いい加減苦しい。
思い切って来季は
ファンバステンかライカールトに任せてみては。
しかし、千字じゃ書き切れなかったか。

スポンサーサイト

  • 2007.12.02 Sunday
  • -
  • 10:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック