<< 今回のW杯 | main | ジッチャンのナニかけて >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


祭りのあと

すまぬ、イングランドのあまりにだらしない負け方に
しばらくショックで何も書く気になれんかった。
この話はいずれまたするとして
W杯もアズーリの優勝で幕を閉じた訳だが
PK戦で決着が着いた辺り、守備的な試合運びが目立った
(個人的にはそう思ってる)今大会を象徴してる気がするな。
俺的、今大会のMVPはマテラッツィだな。
つーか、少なくとも大きく株を上げたのは間違いない。
正直な、マテラッツィが出てくる様なら
アズーリは確実に敗退すると思ってたんだ。
不用意なファウルが目立つ選手だかんね
(事実、一度レッド食らってるしな)。
ネスタがコケて、マテラッツィが先発で
「もう、ダメじゃん」と思ってたら
何と大会中に2ゴールも上げてPKも成功。
ハナからネガティブなイメージしか無かっただけに
ここまでやるとは本当に思わなかった。
そういや、ゴールこそならなかったものの
二度目のコーナーん時のヘディングも奇麗で
「おおっ!」と唸らされたもんな。
4強に残った中なら、俺もイタリアに
優勝して欲しいと思っていたので
まあ、良かったかな。
でも、やはりある種の寂しさを感じずにいられない。
何故なら、今回のアズーリにはメダルを受け取るべき
男が一人、この場に居なかったから。
誰の話か、つーとネスタ…では無い。
世界最高のDF、パオロ・マルディーニの事だ。
彼がこの場にいない事が非常に悔やまれてならない。
前回の日韓大会にて、主将としての責任から
怪我をおして出場し、対韓国戦でVゴールを決めた
アン・ジョンファンをたまたまマークしてた事から
A級戦犯扱いをされたまま代表引退したマルディーニ。
彼は決して戦犯扱いされる様な選手じゃ無かったし
彼なら、まだまだ戦力として戦えた筈だろう。
それだけに彼がいない事に寂しさを覚える。
願わくば、パオロにW杯のトロフィーを掲げて欲しかった。
でも、もう二度と叶わぬ夢なんだな。
うん…すっげえ悲しい。

スポンサーサイト

  • 2007.12.02 Sunday
  • -
  • 11:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
サッカー ワールドカップ ドイツ大会 決勝トーナメント
ドイツA組 1位&nbsp;ドイツ スウェーデンB組 2位&nbsp;ドイツ&nbsp; アルゼンチンC組 1位&nbsp;アルゼンチン&nbsp; メキシコD組 2位&nbsp;イタリア&nbsp; イタリアE組 1位イタリア オーストラリア&
  • サッカー ワールドカップ ドイツ大会を楽しむぞ!
  • 2006/07/10 12:48 PM
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM