スポンサーサイト

  • 2007.12.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


なでしこジャパン

生憎、途中までしか見れなかったけど
本当にいいサッカーをしてたと思う。
北朝鮮という、アジア最強クラスの強豪相手に
正面から互角の勝負を演じてた。
技術、戦術、闘志、一つも欠ける事なく
「勝つ為に」体を張って闘える。
こういうサッカーが出来るチームって
見ていて胸がスカッとするね。
…だけに、PK戦で負けてしまったのが本当に悔やまれる。
是非勝って、金メダルを持ち帰って欲しかった。
今回は、本当に残念だったけど
今後の更なる健闘と飛躍を期待したい。
選手個人では、酒井と柳田が
良い意味で印象に残ったかな。
特に柳田。
初めて彼女を知ったのが、一昨年の
アテネ五輪の予選だったが、当時から
果敢な攻め上がりを魅せると同時に
守備の場面では、きっちり体を張って守ってたっけ。
個人技も備えた上に、闘える。
今回もその姿は変わらぬままだったな。
しかし思う。
独W杯、日本はなでしこジャパンを
そのまま招集した方が良かったんしゃないの?と(笑)

ダンケシェーン ギド

浦和レッズがシーズン初優勝を飾った。
しかし、その優勝を置きみやげに
ブッフバルト監督の、今季限りでの退任が決まったとの事。
非常に残念だったと思う。
ブッフバルトと言えば、現役時代は
ドイツ(西ドイツ)代表のDFとしてW杯優勝(90年)などの実績を引っさげ
選手生活の晩年に当時Jリーグのお荷物と
揶揄された浦和を優勝争いが出来るチームにまで
立て直した最大の功労者と言うべき人で
レッズサポにとっては、紛れもなく英雄だったろう。
そのブッフバルトが浦和の監督に就任すると聞いた時
俺は、ブッフバルトを再び日本で見られる嬉しさと
同時にある種の不安を感じずにいられなかった。
もしブッフバルト政権下でレッズがコケたら…と。
ブッフバルトが就任した当初と言えば
代表に於けるジーコの手腕に、疑問符がつき始めた頃。
(結局ジーコは、監督失格という点を全世界に露呈したけど)
だがそんな不安をよそに、着任早々にして
シリーズ優勝を勝ち取ると、その後も
ナビスコカップ優勝して、今年ついに
悲願のシーズン初優勝を飾った訳だ。
だが、前から噂されてた通りに
家庭の事情などもあって今季限りで退任、帰国するとの事。
俺は正直に言うとレッズがあまり好きではない。
特にミスターレッズ(福田)は、今でも大嫌いだ。
けど、肩書きや実績を鼻にかける事無く
常にピッチの上で、ただ黙々と全力を出し続けた男。
ギド・ブッフバルトだけは別で
今でも1人のフットボーラーとして
1人の人間として、男として尊敬出来る人である。
今後Jリーグて彼以上のCB(特に助っ人外人)は、もう現れないかもね。
個人的にはJリーグ最高のCBだったと思ってる。
そんなギドには、もう一度日本に来て欲しいと切に願う。
レッズサポでは無いけれど、あなたであれば歓迎します。
有難う、ギド。
また会える日まで。

ミラニスタの証その3

20061203_192512.jpg
最後は後ろから。
当然背番号は3番しか考えられねえや。

ミラニスタの証その2

20061203_192511.jpg
襟後ろの文字はROSSONERI。
イタリア語で赤と黒の意。
細かい刺繍が粋じゃねえか(笑)

ミラニスタの証その1

20061203_192504.jpg
今日届いたミランのホームシャツ。
グランデ・カピターノ、マルディーニのラストシーズンって事で
何年かぶりに新調してみたぜ。

マルディーニ決めた

ただ今、ミランVSメッシーナ戦見てます。
夜やってたのを録画して見てんだけどね。
このところ、リーグ戦も3連敗、怪我人続出
順位も降格ゾーン彷徨ってるという全てに於いて最低最悪なミラン。
そんな状況下でチームの魂、マルディーニがやってくれた!
ピルロのFKから先取点を決めてくれた!
正直、試合内容もお世辞にもいいとは言えんが
勝てない、点が入らない時って
調子が悪いなりに勝ちをおさめるのも実力のひとつ。
今は素直に喜びたい。
やはりここぞって時に頼りになります。
パオロ、あんたはまだまだミランを去っちゃだめだよ…やっぱ。

聞きたく無かった…

願わくば、一番聞きたく無い話だった。
今シーズンを最後にミランのパオロ・マルディーニが引退するらしいな。
マルディーニ、俺が最も大好きなプレイヤーの1人。
世界最高のDFと言えば、この男の代名詞。
非常に寂しい思いしか無いです。
パオロならまだまだ闘える。
あの見た目じゃ、そう思いがちだが
考えてみりゃ、もう40間近だもんな
(とてもそうは見えんが)
十代半ばにして、ミランでキャリアをスタートさせ
生涯たった2つのユニフォームだけを着て
数多の勝利と名声を得て来たマルディーニ。
しかし今年に入ってからは、負傷欠場も目立ち
毎朝、膝の痛みに苛まれ続ける状態が続いてるらしい。
また1人、偉大な名手がピッチを去るだけじゃない。
ミランにとっては、本当に代えの効かない選手がいなくなり
(俺がテレビで見てた時にミランのディフェンスラインが
崩壊したのは決まってパオロが欠場した時だった)
俺自身のサッカーに触れる楽しみと理由がひとつ消える。
涼しそうな顔して、常に全力で闘うのがマルディーニだった。
今シーズン、ミランにはせめて
スクデット(リーグ優勝)かビッグイヤー(チャンピオンズリーグ)を勝ち取って
有終の美を飾って欲しいもんです。

リーグ3連敗

最近のミランがどうもおかしい。
サンプに引き分け
パレルモ、インテル、ローマに連敗。
いったい何をしているんだろう。
ただでさえ、今シーズンのミランは
勝ち点剥奪のペナルティをくらっていて
ピンチだっつーのに。
今シーズンはもうチャンピオンズリーグに
絞るよか他無いんだろうか。

ミラン

案の定だが思いっきり
つまづいてるようだ。
今オフに補強すべきポイントに何ら
手を着けられなかったツケが早くも回ったね。
シェバの後釜。
マルディーニ&ネスタの控え。
頼りにならないヂダに代わる正キーパー。
衰えが顕著なカフーに代わる右サイドバック。
最低限、この辺りは補強すべきだったが
カルチョスキャンダルの影響でもあって
何ら手を着けられなかった。
ミランの場合、戦術的なオプションが
皆無という致命的な弱点もあるだけに
昨シーズンよりも総合力が格段に
落ちた現在、こうなるのは時間の問題
だったわけだが、こうも早い段階でつまづく様では…。
ついにパレルモ戦で敗北を喫してしまったミラン。
先行きは正直明るく無い。
そろそろアンチェロッティ監督の
更迭も視野に入れるべきだと思う。

ミラノ燃ゆ

つー訳でサッカー。
セリエAの話をする。
今期はユベントスがペナルティにより
B降格、またミラン
ラツィオ、フィオレンティーナが
勝ち点マイナスのペナルティを受け
棚ボタ的に昨シーズンの
スクデットはインテルへ。
そのインテルはユベントスから
仏代表のヴィエラ
スウェーデン代表の
イブラヒモビッチなど
超大型補強を敢行。
対するミランはエースであった
ウクライナ代表のシェフチェンコを放出。
小粒な補強に終始した…訳だが
それでも今シーズン
セリエAはミラノの両チームの
一騎打ちになると見ている。
ひょっとしたらローマが割り込むかもだけど。
で、俺が推すのはもちミラン。
今シーズンを最後に元伊代表の
マルディーニとコスタクルタが
ユニフォームを脱ぐ可能性が大。
永年ミランに貢献してきた彼らの
最後の花道を飾る為にも
今期はスクデットかCLのいずれかは
最低でも獲得したいとこ。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM